相続・遺言に関する相談、遺言書作成、遺産分割協議書作成なら、不動産、土地建物に関するサポートも可能な行政書士のいる、かごしま相続相談・支援センターへ。

鹿児島の相続・遺言相談ならおまかせ下さい!

鹿児島相続・遺言無料個別相談会実施中!

相続・遺言や不動産に関する相談・支援を通じて、お客様の心配ごとを解決・軽減することにより、ご自身はもとより、そのご家族の「あんしん」にも貢献します。

相続・遺言、家族信託、成年後見に関する相談やコンサルティングを専門に、土地建物に係る知識とノウハウを用いて、お客様とご一緒に心配ごとを解消・軽減致します。まずはお気軽に無料個別相談会へご参加ください!

当センターでも常々ご紹介している遺言書の効用について、マンガでご紹介してみました、「備えあれば憂いなし」ですよ。
→ 遺産分割争いが増加しています!




相続遺言等に関する個別相談会・勉強会のご案内

相談なさったからといってご依頼いただく必要は全くありません。
ご心配の種になっている相続などの進め方について、無料の相談会・勉強会を上手に利用して、心配ごとを「あんしんごと」に変えてみませんか。
★相続遺言等の無料相談・勉強会の開催日程(平成30年度)
 
ご利用なさった「お客様の声 その1(#1~#25)」、「お客様の声 その2(#26~)」も参考になさってみてください。

お客様からいただきました(その2)

ご利用いただきましたお客様から頂戴したご意見・ご感想を掲載しています。
ご利用に当たっての参考にしていただければと思います。
(H30.3.8追加)

お客様の声 その1(#1~#25)はこちらです →「お客様からいただきました」

お客様の声#32(相続遺言、土地建物などのご相談)

お客様の声#32 (リサイズ)

不動産契約のことなど知らないことがたくさんあったので、自分でも少し勉強しようと思いました。
鹿児島市 K様(40歳代・女性)

センター長より

将来お母様から引き継ぐこととなる、自宅以外の不動産の今後の処分、活用方法について、そのお母様もご一緒してのご相談でした。
実際に処分する際には不動産業者さんに依頼することになりそうですが、一般の方には分かりにくい不動産業者さんとの付き合い方などについてご案内するとともに、老朽化している貸し物件の取扱いもご心配のご様子でしたので、今後の対応策などをアドバイスいたしました。

お客様の声#31(相続遺言、土地建物などのご相談)

お客様の声#31(リサイズ)

実務的な対処法を親切に教えて頂きました。
法律上の考え方で対応しないとトラブルになりやすいとの理解が深まったと思います。

専門家のアドバイスで、迷っている事にも急に先が見えるようになると思います。
鹿児島市 T様(70歳代・男性)

センター長より

ご高齢のお母さまと同居している相談者は、自宅と道路との間にあるお母さま名義の駐車場用地を引き継がなければ困ることもあって、お母様との間で既に結んでいる死因贈与契約で対応するおつもりでした。しかし、高額な不動産取得税のことなどもあり、さらにより良い対策を採っていこうとお考えの中でのご来所でした。
考えられる幾つかの制度について、その概要とメリット・デメリットをご案内させていただきました。他の推定相続人の遺留分なども考慮しつつ、ご高齢のお母様の判断能力が十分なうちに、特にお母様にも負担とならない方法を採っていこうとお考えになったようです。
併せて、家賃、駐車場収入もあるとのことでしたので、これらの今後の取扱いについても参考情報をお話しさせていただきました。
(more…)

後見人が受け取る報酬額

ご本人の判断能力が不十分になった場合などに、後見人を選任してもらうためには、親族や市町村長などによる、本人の住所地の管轄する家庭裁判所への申立てが必要です。

申立ての動機

ところで、後見人を選任しようとする場合、具体的にはどのような申立理由(申立てのきっかけ)が多いと思われるでしょうか。

最高裁判所の資料(※)によると、ここ数年、申立理由の2位以下には若干の順位変動があるものの、第1位は、次のとおり、2位の件数を2倍以上引き離して、「預貯金等の管理・解約」が主な申立理由となっています。

申立ての動機

  1. 預貯金等の管理・解約
  2. 身上監護
  3. 介護保険契約(施設入所等のため)
  4. 不動産の処分
  5. 相続手続
  6. 保険金受取
  7. 訴訟手続等

(注)1.主な申立理由は申立て1件につき複数ある場合がある。
2.後見及び任意後見のほか、保佐及び補助に関する件数を含む。
出典)成年後見関係事件の概況-平成28年1月~12月-
 

前もって準備を行うことができていたとみられる「任意後見」を除けば、つまり「法定後見」の場合は、本人やその親族にとって、図らずも又は止むを得ずに必要となったため、後見人を付すことになることも多いものと考えらえます。
(more…)

成年後見制度の利用促進のために②~成年後見制度に関する基本計画~

成年後見制度は、例えば認知症や障害によって判断能力が不十分となっている人を支援するための仕組み(法律を根拠に持つ制度)です。

同制度を利用するに当たっての主な動機は、

  1. 「預貯金等の管理・解約」(銀行から後見人を付けるよう言われた等)、
  2. 「身上監護」(病院や施設の入所契約の必要があった等)、
  3. 「介護保険契約」(要介護認定手続きの必要があった等)、
  4. 「不動産の処分」(生活費などの工面のために認知症の親の自宅を売却する必要性があった等)

という順となっています。
「成年後見関係事件の概況」(平成28年1月~12月。最高裁判所事務総局家庭局)より。
 

新しい成年後見制度が始まった平成12年4月から17年ほど経っています(平成29年4月現在)が、次表のとおり、制度の利用者は毎年増加しています。
(more…)

「相続遺言等の無料相談・勉強会」の開催日程を更新しました

かごしま相続相談・支援センターでは、平成27、28年度に引き続き29年度も、公共施設をお借りして無料の相続遺言、成年後見制度、不動産に関する相談会・勉強会を開催いたします。

ご心配の種になっている相続の進め方などについて、無料の相談会・勉強会を上手に利用して、あなたも、心配ごとを「あんしんごと」に変えてみませんか。

お問合せ、ご予約をお待ちしております。

→ ☆相続遺言等の無料相談・勉強会の開催日程(平成29年度)
(別ウィンドウが開きます。)

お客様からいただきました

かごしま相続相談・支援センターへのご意見・ご感想を頂戴しました。
(H30.1.12更新)

ご利用に当たっての参考にしていただければと思います。
お客様の声#26以降はこちらをご覧ください。→ お客様からいただきました(その2)

お客様の声#25(相続遺言、土地建物などのご相談)

お客様の声#25 リサイズ

とても参考になりました。
今後の方向性が見えてきました。
ありがとうございました。
姶良市 S様(30歳代・女性)

センター長より

公正証書遺言の作成をお考えになっている祖母の支援をなさろうとお考えのS様からのご相談でした。
そうした中でいざ手続きを行おうとしたときに、何から手を付け、その際に何を準備する必要があるのか、S様に限らず疑問が出てくると思います。
公正証書遺言の仕組みをアドバイスするとともに、遺言作成に当たって必要となる書類などをご案内いたしました。
手続きを進めていく中で新たな疑問が出て参りましたら、またお尋ねくださるようお伝えいたしました。

お客様の声#24(土地建物などのご相談)

お客様の声#24(リサイズ)

とても親身に相談を聞いて下さり、質問一つ一つに適切に答えて頂きました。
また、今後専門的なことは、どこに相談に行ったらいいかなど細かいことまで教えてもらい、相談に行って本当に良かったです。

細かい個人的な内容はパソコンでも調べることが難しいこともあります。親身に相談にのって頂けるので、悩んでいる方がいらっしゃったら、ぜひ相談してみられたらいいかと思います。
鹿児島市 H様兄妹(40歳代)

センター長より

市道から奥まった自宅までの間にある、約4m幅の袋路状道路の共有地(公衆用道路)について、同じく市道から奥まった土地を最近買収した業者が、約4m幅の半分約2m幅を独占的に使用させてもらいたいなどと言ってきたが応じても良いものか心配だとのご相談でした。
鹿児島市では平成28年4月から、市街化調整区域の住宅建築、開発行為について新たな規制を設けています。今回の相談対象のご自宅では将来建て替える際には、道路に2m以上接することとされている市街化された区域と異なり、原則、その2倍の幅員、つまり4m以上接する必要がありそうでした。
このため、業者の求めに応じることによって将来思わぬ支障が出てこないか十分注意してほしい旨ご案内させていただきましたところ、お二人ともご理解いただけたようでした。

お客様の声#23(相続遺言、土地建物などのご相談)

お客様の声#23(リサイズ)

公立・公平な立場での専門的なアドバイスを頂き、大変助かりました。

思い込みを持たず、専門家のアドバイスで視野が開ける思いです。有難うございました。
いちき串木野市 H様(40歳代)

センター長より

最近亡くなられた祖母の相続手続き(預貯金や不動産)や、葬儀などのあと処理を、高齢のお母さまに代わってなさろうとしている方からのご相談でした。
また、遠方に住んでおられるため、中々時間が取れない中でも、一つひとつ丁寧に手続きを進めておられましたので、お力になっていれば幸いです。
養子縁組や、代襲相続・数次相続などが絡み合っていることもあって、今後は、関係する親族の理解と協力が得られることが鍵となってきそうです。

お客様の声#22(土地建物、登記などのご相談)

お客様の声

今回不動産関係で相談に来ました。
今後の進行に大変参考になりました。

一人でなやまないで出来るだけ早く相談してください。
鹿児島市 M様ご夫妻(70歳代)

センター長より

十数年前に亡くなったお父様から、現在お住いになっている自宅(建物)は全て相続により引き継いだものの、その敷地については兄弟姉妹5名の共有名義(登記済み)となっているケースでした。
お話によると、幸い5名のうちの3名からは、祭祀を引き続き執っていくことなどを条件に、ご相談者に対し無償で譲っても良いと言われているとのことでしたので、当センターからは、その3人の意向を改めて確認するとともに、贈与税などの考慮した上で、譲り受けるための手続きをできるだけ速やかに進めていくようアドバイスいたしました。
その上で可能であれば、残りの共有者からも買い取りなどにより、土地の共有を解消できれば、ご相談者に万が一の際も、残されるご家族の役に立つ不動産(財産)になることもご理解いただけたようでした。

お客様の声#21(相続遺言、土地建物のご相談)

お客様の声#21 リサイズ

3ヶ月に一度の割合でやってくれれば助かります。
是非利用をお薦めします。
指宿市 I様ご夫妻

センター長より

いえいえ、ひと月に2~3回開催しています。ご説明が不足しておりました。

3兄弟を代表してご両親から相談者様が、田畑、山林を引き継ぐことになったものの、ご兄弟ともに利用予定もなく、また、一部の土地を除けば買いたい・借りたいという方もおらず、このまま次世代にも引き継がせることも難しいとのご心配ごとでした。
農地の規模拡大を望んでいる担い手に利用してもらえるよう斡旋する仕組み、公的機関もあるようなので、一度にお問い合わせになってみるようご案内しました。土地の所在が幸い、担い手も多い地区のようでしたので、利用したいとする方が早く見つかるといいですね。
山林についても、売りたいなどのご意思を明確に発信していかれるようアドバイスいたしました。

お客様の声#20(相続遺言、土地建物のご相談)

お客様の声#20(リサイズ)

大変やさしくわかりやすく説明してくださり、ありがとうございました。感情で動いたりせず理路せいぜんとすることができそうです。

まずは1人で悩まずに相談してみることが大事。
鹿児島市 H様ご姉妹(60歳代)

センター長より

既に亡くなっていたお父様に代わって、叔父様と遺産分割協議、場合によっての調停手続に臨むに当たっての心構えや、事前に調べておく事柄などについてお話しさせていただきました。
相続財産の中には賃貸物件(収益不動産)が含まれていたものの、十数年前の相続発生以降(遺産分割協議が成立するまでの間)の家賃収入が法定相続割合とは異なる配分となっていました。
このため、今後の協議・調停の場において、家賃収入の帰属を別に考えるのか、あるいは遺産分割の対象財産にあえて含めるのかについて考慮することの求められる案件でした。
今回のご相談によって、相続発生以降の家賃収入を含めて考えないと著しく不均衡となることに、ご相談者姉妹が気付いていただけて良かったと思いました。

お客様の声#19(相続遺言、相続税のご相談)

お客様の声#19(リサイズ)

相続について、会社方式、個人(3等分)分与について説明された。

無からの利用についてだったが、資料等を示されて親切な説明をされた。
鹿児島市 O様ご兄妹(70歳代)

センター長より

現在心身ともにお元気なお母さま(90歳代)は、ご自宅も兼ねた貸しビルをお持ちとのことでした。もちろん考えたくはないものの、お母さま万が一のときでも、相談者のご兄妹を含む3人はこれまでどおり仲良く過ごしていきたいこと、また、お母さまの意向を継いで不動産を上手に管理・活用していきたいとのお考えでありました。
不動産は通常、分割しづらいこともあって、相続財産(額)に占める不動産(評価額)の割合が多い場合や、相続人の数に見合わない不動産(件数・評価額)の場合はとかく相続人同士の争いになりがちです。
このため、いつかは訪れる相続のときでも慌てることなく、また、ご家族の仲も引き続き円満なものとなることを目指した、現時点で想定し得る相続方法などのパターンをいくつかお話しさせていただきました。少し難しい言葉も使いましたが、よく理解なさっているようでした。

お客様の声#18(相続遺言のご相談)

お客様の声#18(リサイズ)

大変親切でスピーディーな対応に十分満足しております。ネットで「ご自身とご家族のあんしん」のお手伝いをしてくださるとの言葉にひかれて初めて電話でお話しして以降、誠意ある丁寧なお仕事ぶりで、不安も皆無になりました。

最後まで丁寧にお仕事をしてくださる信頼できる行政書士さんです。
志布志市 Y様(60歳代・女性)

センター長より

提携する司法書士さんとも一緒に取り組んだ、ちょっと複雑な案件でしたが、無事に相続登記まで完了したとのご連絡まで頂戴できました。
代襲相続や数次相続も2つ3つ絡んでおりましたので慎重に進めていく必要がありましたものの、沢山いらっしゃった相続人の取りまとめ役をかってでられた依頼者様の熱意と、電話やメールはもとより、時にはスカイプ(テレビ電話)でお話しさせていただくなど、ゴールまで一緒に伴走し取り組むことができた、また思い出にも残る案件となりました。
引き継がれた不動産の売却も当方にてお手伝いできることをお伝えしております。こちらの方もご連絡をお待ちしております。

お客様の声#17(土地・建物のご相談)

%e3%81%8a%e5%ae%a2%e6%a7%98%e3%81%ae%e5%a3%b017-%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

何年も気持ちのなかで気がかりだったことが、話を聞いていただきふんぎりがつきました。
これから先、まだいろんな事があると思いますが勇気がでてきました。
本当にありがとうございました。

新聞を見て思いきって電話しましたが、対応がとても良く、電話して本当に良かったです。
悩んでいるより、話を聞いてもらえてありがたいでした。どうぞ聞いてもらってください。
鹿児島市 S様ご夫妻(60歳代)

センター長より

ご主人の故郷にあった土地建物、山林などを図らずも引き継ぐことになってしまったが、少々遠方にあり、また管理の費用・手間も掛かる中で、これらの不動産を今後どのように扱っていくべきか思案しておられた案件でした。
決して少なくない費用も掛かりましたが、幸い権利関係も整っていましたので、ご親戚や故郷のお知り合いの方からも、本来は必要ではないものの、これらの方の理解を得ながら、今後は処分していきたいとのお気持ちの背中を押す手伝いができなのではないかと思っております。

お客様の声#16(相続遺言のご相談)

%e3%81%8a%e5%ae%a2%e6%a7%98%e3%81%ae%e5%a3%b016-%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

判りやすい説明をしていただき展望が開けてきました。
今後又、相談するかもしれません。有難うございました。
鹿児島市 S様ご夫妻(60歳代)

センター長より

お父様お母様が亡くなられたそれぞれの時点で、父母と同居していた弟夫婦が、同じ相続人である他の兄弟姉妹への丁寧な説明などを行わないで様々な手続を進めようとしている事案でした。
このまま放っておけば、弟夫婦への不信感が大きくなってしまい、兄弟姉妹同士が修復できない間柄になってしまうが、できれば、これを避けるための何らかの方策がないかなどとのことでしたので、有用と考えられた方法や手順等をご案内いたしました。
この弟さんには今後、他の兄弟姉妹へ配慮しなければと気づいていただければ、と思うとともに、今回そのお手伝いが少しはできたかなと考えております。

お客様の声#15(相続遺言のご相談)

%e3%81%8a%e5%ae%a2%e6%a7%98%e3%81%ae%e5%a3%b015

一人で調べていろいろ不安になっていたが、相談をすることで勉強出来て気持ちが楽になりました。

とても丁寧で分かりやすく説明して下さるので、おすすめです。
東京都葛飾区 T様ご夫妻(40歳代)

センター長より

お互いに離れて暮らしていたお父様が亡くなったので、その賃貸住宅の引き払いや金銭的な管理などに追われる中でご来所いただいた案件でした。
お父様はお独りで暮らしておられ、かつ、不慮の事故で急死なさったため、プラスはもちろんマイナスの財産の有る無しが不明であるなど、いざ相続手続を進めようとすると、あれこれと迷うことばかりとのことでした。
ご疑問の点に対して、こちらから一つひとつ説明いたしましたところ、その内容もすぐにご理解いただき、また、今後採るべき方向性の決断にも参考になったご様子でしたので、こちらも安心しております。

お客様の声#14(相続遺言のご相談)

%e3%81%8a%e5%ae%a2%e6%a7%98%e3%81%ae%e5%a3%b014

相続についてお聞きし、下書きした遺言書についてもご教授いただき大変参考になりました。今後はアドバイスいただいた事項をふまえ、再度下書きしたいと思っています。ありがとうございました。
鹿児島市 Y様(70歳代・男性)

センター長より

自身のお気持ちを託すため、遺言を自筆してみようというご相談者でした。
遺言に関しては昔と違い、書籍を始め、インターネット情報など数多くの情報があふれていますが、相談者様のように、実際にいざ書いてみようということになると、「ココはどうしたらいいのか、こんな風に書かないとダメなのか」など様々疑問点が出てきます。
また、ご家族の仲が今は良いとは言え、相続が実際に発生したときのことも踏まえて、法定相続分や、遺留分のことについてもご説明したところ、よくご理解いただけたようでした。

お客様の声#13(土地・建物のご相談)

%e3%81%8a%e5%ae%a2%e6%a7%98%e3%81%ae%e5%a3%b0-13

非常に満足しました。土地家屋の賃借について、自分の知識が余りにも不足している事に気付かされました。
長い時間、親切に御指導下さり有難うございました。
これを機に遅まきながら、自分も勉強して子孫にも伝えて行きたいと思います。

迷ってはいけません。すぐに相談する事。自分の勉強にもなるし、運良く解決できるし、解決できなくても道が開けますよ。
鹿児島市 T様ご夫妻(80歳代)

センター長より

お持ちの借家の賃貸借契約を少しずつ守ってこなくなっている入居者に対して不信感を持ってしまった事案でした。大家さんと入居者との間の信頼関係が破たんしているとは言えないため、契約期間中の退去も求めづらいものでした。
間に入った不動産管理会社が頼りないことが主な原因と思われますが、そんな会社もあることを理解した上で、大家さんも全てを丸投げするのではなく、自らが真の当事者なのだという意識を持って運営していくようお話ししました。

お客様の声#12(相続遺言、家族のための信託のご相談)

%e3%81%8a%e5%ae%a2%e3%81%95%e3%81%be%e3%81%ae%e5%a3%b0-12

初めて相談に伺いましたが、事務的ではなく、要所要所をしっかり押えながら聴いて頂きました。
迷っていましたが、次へのステップを踏めそうです。

相続のことは、案外解っているようで、実は解っていないことも多く、自分なりの知識を深める機会になり、今後に生かせると思います。
鹿児島市 K様(60歳代・女性)

センター長より

ご自身は既に息子さんの成年後見人となっているものの、今後、ご自身の万が一の際や判断能力が低下した場合に、この息子さんの行く末がご心配という事案でした。
ご自身と息子さんのいずれとも信頼関係のある姪御さんが幸いいらっしゃることもあり、この姪御さんを成年後見人としての後継候補とすることや、息子さんに対して、一度に沢山の財産を残してしまうことになる単なる相続ではなく、長期に渡って生活面・財産面の支援を行い得る家族のための信託(民事信託)の活用も検討してみるようアドバイスいたしました。

お客様の声#11(相続遺言のご相談)

お客様の声#11(リサイズ)

相続についてあまり知識がありませんでしたので相談にまいりました。自分に出来る事をこまかに教えて下さいましたので、とてもすっきりした気持になりました。
ありがとうございました。

悩みのある方は一度相談をおすすめ致します。
迷っていても先に進めませんので。
鹿児島市 Y様(50歳代・女性)

センター長より

亡くなったお母様の遺産分割に関する御相談でした。もう一人の相続人であるお姉さんは、お母様の生前に多額の財産をもらっているため、亡くなった時点の財産だけで分割してしまうと、相続人お二人の取り分が不公平になってしまう可能性が高い案件でした。
お母様の生前にお姉さんが受け取った「特別受益分」を、分割の前提となる相続財産にどの程度加えていけるかが肝要となるので、できる限りの情報収集を行っていただくようアドバイスいたしました。

お客様の声#10(相続遺言のご相談)

お客様の声#10(リサイズ)

とても親切に分かりやすく教えて頂きました!
今後も何かあれば利用したいと思います。

迷わずに利用して解決への糸口にしてもらいたいです。
鹿児島市 O様(50歳代・女性)

センター長より

お父様が亡くなって4年ほど経っていながら、相続手続が進んでいないという御相談でした。
他の相続人の協力がどうしても得られないときや、相続手続を促すきっかけとして、家庭裁判所の遺産分割調停を利用することも検討しなければならない旨などを御案内いたしました。

お客様の声#9(相続遺言のご相談)

お客様の声#9

まさか、我が身内で相続問題が発生するとは夢にも思いませんでした。結論から申しますと、胸のつかえが取れ、楽になりました。法的な問題点はもちろん、倫理観を含めた過去の事例などまで丁寧にお話しいただけました。
今後の手続の進め方や具体的な時期についてもアドバイスがあり、大変参考になりました。

自分で調べるには限界があります。法的なことはもちろん、これまでの経験から具体的なアドバイスが受けられます。
一度、自分の頭を整理する意味でも相談をおすすめします。
鹿児島市 I様(40歳代・男性)

センター長より

相談者様は、相続人の一人であるお母様が他の相続人から強く当たられたため、精神的に参っておられるのを見るにみかねて、何とか解決できないか、落としどころはないかとご自身でいろいろと調べる中で、ご来所いただいた方でした。
当センターとしても、相続人間の取りまとめ役の叔父様をバックアップしようとしておられる相談者様のお役に立つことができ、ほっとしています。
共同相続人間の遺産分割協議が、早めに、また少しでもより良くまとまるよう、今後もお手伝いできれば幸いです。

お客様の声#8(相続遺言、土地建物、相続税のご相談)

お客様の声#8

事業の承継や相続について詳しくお聞かせいただきました。
知らないことも多いですがこの2~5年位のスパンで準備ができたらいいなと思いました。
また相談に乗ってもらえるとありがたいと思います。

やはり専門家の方に相談することで道筋が見えてくるように思いますので、一回訪ねてみてはいかがでしょうか。
鹿児島市 K様(60歳代・男性)

センター長より

ご自身が所有・経営している会社の今後のことと、複数棟お持ちの収益物件に相続が起こった場合のご心配ごとに関するご相談でした。
K様はまだまだお元気なのですが、会社の事業承継が上手くいかなかった例や、不動産の相続トラブルの例を、仕事柄たくさんご覧になってきたとのご経験から、早めに準備しておこうというお考えに、こちらも感服いたしました。
相続手続や相続税のこと、更に事業承継のことなど、一つひとつを取っても簡単なことではないのですが、改めてご相談いただいたときには、比較的新しい仕組みの「家族のための信託」に関しご提案しようと考えています。

お客様の声#7(相続遺言のご相談)

お客様の声(リサイズ)#7

公正証書の記入及び作成の事、
いろいろ説明してくださり非常に分かりやすく、ためになりました。
姶良市 K様(60歳代・男性)

センター長より

御病気のお兄様、そのお子様のために、お兄様が万一のときにでも、できるだけ心配の無いようにしておきたいということで来所いただきました。
法律的な制度や仕組みや難しいこともあって、ついつい後回しにしがちの方が多い中で、兄弟姉妹やお子様などの身内の中に一人でも、取りまとめ役・調整役を買って出る方がいると本当に心強いなぁと思わせていただきました。

お客様の声#6(相続遺言、成年後見制度のご相談)

お客様の声#6

とてもわかり易く誠実に対応下さってありがとうございました。
公正遺言書、検討したいと思います。
南九州市 O様(60歳代・男性)

センター長より

ご夫婦お二人でご相談にお越し下さり、誠にありがとうございました。
旦那様の万が一の際に、残される奥様の将来、特に生活の基盤となるご自宅の扱いに関し、今から準備できることなどをアドバイスいたしました。引き続きのお手伝いができれば幸いです。

お客様の声#5(ご家族に関するご相談)

リサイズ お客様の声#5

親身になって相談いただき、大変ありがたかったです。意思決定をするために大変役立つ助言を頂きました。また、依頼業務も迅速確実に行っていただきました。

まずはご相談を。必ず有用な情報が得られると思います。それで、ご依頼されることへの価値も実感できるでしょう。
エジプト・カイロ市 H様(40歳代・男性)

センター長より

鹿児島県内に在住のお母さまと叔母さまに関してのご相談でした。お二人ともにご高齢で、ご本人も海外で暮らしているため、お二人の生活もろもろについて、例えば成年後見制度等、現時点・将来考えられる支援方法などをお話させていただきまきました。
今後も、日本とエジプト間の距離を埋め、時間的制約も無くせるようにお手伝いいたしますので、メールでも構いませんので遠慮なくご相談ください。

お客様の声#4(相続遺言、土地建物などのご相談)

お客様の声4

大変ていねいに教えて下さって有難うございました。
今日のご助言を参考にして、子供達と相談したいと思っています。
鹿児島市 H様(70歳代・女性)

センター長より

無料相談会に足を運んでくださり誠にありがとうございました。
お子様の将来をご心配なさっていろいろと準備するのと同じように、ご自身のこともお考えになって対策を採るよう、併せてH様にはアドバイスいたしました。

お客様の声#3(相続遺言、土地建物などのご相談)

お客様の声3 リサイズ

依頼のお話をしてから、時間が短かったにもかかわらず、多くの資料を用意して頂きました。
説明も複数の選択肢も教えて頂き、改めて考える事ができました。安心して考え、家族とも相談していける気になりました。

専門の知識を持っておられる方は、色々な方法や経験を基にわかりやすく何度も説明してくださいます。
悩んでいるだけでなく、相談してお話を聞くだけでも違うと思います。
鹿児島市 N様(40歳代・女性)

センター長より

お母さまの土地を、いつ、どのように売却すれば良いか悩んでおられた案件でした。
一般的に、相続発生の前ですといろいろな選択肢が採れますので、ご相談のタイミングとして良かったと思いました。
これからご家族内で改めてお考えになってみるとのこと、今回のご相談を検討材料の一つとしていただければ、より良い方法が見つかるのではないかと思っています。
また何かございましたら、いつでもご相談ください。

お客様の声#2(相続遺言、土地建物のご相談)

お客様の声2 リサイズ

最初は何をどんな風に聞いて良いものやら・・・と悩みましたが、とても話しやすい雰囲気で、気軽に色々と質問することが出来ました。
知らないことばかりで不安でしたが、知らないまま終わらすのが一番良くないなぁと思いました。
これからも色々と教えて頂きたいです。

「知らない」のと「知っている」のでは大違いです。
家のことやら、家族のことを話すのは恥ずかしい、隠しておきたいと思いがちですが、きちんと出来るだけの準備をしておく為、相談に乗って頂いた方が良いなぁと思いました。
鹿児島市 K様(40歳代・女性)

センター長より

K様、丁寧なご回答をありがとうございました。
おっしゃるとおり、ご家族のことで相談や質問するのはお辛いと思いますが、後回しにしないで相談なさった行動、勇気にもお礼を申し上げます。

お客様の声#1(相続遺言のご相談)

お客様の声1 リサイズ

とても分かりやすく 相談に来てよかったです。少し考えが変わりました。
姶良市 A様(70歳代・女性)

センター長より

A様、ご来所ありがとうございました。
何かまたありましたら、お気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

かごしま相続相談・支援センター
センター長・行政書士 高﨑正司
〒890-0034 鹿児島県鹿児島市田上5丁目15-2
TEL:099-251-1866
MAIL:info@kazokuanshin.com
営業時間 E-mail問い合わせは24時間 TELは10時~18時 日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab