相続・遺言に関する相談、遺言書作成、遺産分割協議書作成なら、不動産、土地建物に関するサポートも可能な行政書士のいる、かごしま相続相談・支援センターへ。

HOME » 相続あれこれ » 相続財産の名義変更

相続財産の名義変更

大切な方が亡くなった後に行うこととなる相続財産(遺産)の相続手続のうち、これまで「相続人の調査・確定」から「相続税の申告」まで、大きく8つの手続についてご紹介してきました。

今回は9つ目の手続をご紹介します。

相続財産によって異なる相続手続

相続手続が必要なもの

相続財産が確定し、この財産を誰が相続するか確定した後、相続・名義変更する手続を行います。

具体的には、次のような相続財産に応じて、名義変更、払戻し、解約などの手続を行います。

 

現金や現金に相当するもの、期限のあるものや、手続に時間のかかりそうなものなど、それぞれの大まかな手続の流れを理解した上で、優先順位を付け手続を行います。

ちなみに、預貯金の場合、各金融機関への申請から、実際に名義変更などが完了するまで、1か月ほど見ておく必要があります。

なお、遺言などにより遺言執行者が指定されている場合は、この執行者に改めて正式な依頼を行って、指定された財産について相続手続を行ってもらうこととなります。
 

相続手続が簡易なもの

また、遺言書のある場合や遺産分割協議を行った場合などの「相続財産の相続手続」を終えていなくても、次のような手続は行うことが可能です。

亡くなった方の通帳の引落し内容や郵便物などをチェックの上で、必要の無くなった有料サービスを解約するなど、これも手続の優先順位を決め順次行います。

  • 電気・ガス・水道の契約者や支払方法の変更(又は解約)
  • 携帯電話・インターネットプロバイダの契約者や支払方法の変更(解約)
  • NTT固定電話(電話加入権)の相続手続
  • 運転免許証の返納(返納手続。返納しなくても更新しなければ失効)
  • パスポートの届出
  • クレジットカードの解約
  •  
    今回は、相続財産(遺産)の相続手続のうち、相続財産と、その相続者が確定した後の具体的な「相続財産の名義変更」についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

    これまでご紹介してきた、大きな8つの手続を読んでくださった方、実際に実行された方なら大丈夫だったのではないですか。

    いやいやという方は、預貯金など相続財産の種類に応じたそれぞれの流れをおおよそ把握の上で、優先順位を付けて手続を行っていくということだけでも、ご理解いただければと思います。
     

    鹿児島の相続相談、相続手続なら

    かごしま相続相談・支援センターでは、相続手続を行うに当たって、時間が取れない方や、多忙な者ばかりで手伝ってもらえそうな親族・知り合いもいないという方のお手伝いが可能です。

    ご相談だけなら無料です。まずは、面談による無料相談会・勉強会をご予約なさってみませんか。

    相続遺言等の無料相談・勉強会の開催日程(平成29年度)

    お問い合わせはこちら

    かごしま相続相談・支援センター
    センター長・行政書士 高﨑正司
    〒890-0034 鹿児島県鹿児島市田上5丁目15-2
    TEL:099-251-1866
    MAIL:info@kazokuanshin.com
    営業時間 E-mail問い合わせは24時間 TELは10時~18時 日祝日休み

    powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab