相続・遺言に関する相談、遺言書作成、遺産分割協議書作成なら、不動産、土地建物に関するサポートも可能な行政書士のいる、かごしま相続相談・支援センターへ。

HOME » 遺言あれこれ » 遺産「争族」は財産額に関わりなく起こっています

遺産「争族」は財産額に関わりなく起こっています

あなたと、ご家族の方は大丈夫ですか?

遺産分割の争いごとは、相続財産の額に関わらず起こっています。

遺産分割協議

大切な方が亡くなったとき、遺言書がなければ、残された相続人が話し合って遺産の分割内容・方法を決めます。

この話し合いを「遺産分割協議」といいます。

協議に期限はありませんが、放っておくと、預貯金や不動産などの名義変更ができませんので、相続人が複数いるときは、遺産の多さ少なさに関わらず行うことになります。

また、遺産分割協議の成立は「相続人全員の合意」が必要です。

相続人全員の合意が得られず、遺産分割協議がまとまらないときは、家庭裁判所に調停・審判を申し立てることになります。

遺産分割争いは資産家だけのこと?

今回の円グラフ・平成25年度の全国の家庭裁判所における遺産分割に関する調停成立等の件数をご覧ください。

遺産分割事件のうち認容・調停成立件数

 

全体の75%が相続財産5,000万円以下の相続案件です。

さらに言うと、32%は1,000万円以下となっています。

5,000万円以下の相続財産であれば、相続税はゼロでした。
[25年当時の相続税の基礎控除額=5,000万円+(1000万円×法定相続人数)]

相続税がかからないのに、相続人の間だけでは遺産分割の話し合いがつかず、家庭裁判所に駆け込む実態がみられます。

一般的に言っても、相続財産が自宅と少しの現金・預貯金のみで、相続税もかかってこないという相続こそもめます。

しかも、調停の開催頻度が月一回の場合、調停成立までに1年以上かかるとも言われています。

相続対策≠相続税対策

  • 「うちは資産家ではないし、自宅以外に大した財産もないから遺産のことでもめるはずがない」
  • 「子どもたちは兄弟仲も良いので大丈夫だ」などという方。

あなたや大切な身内が亡くなった後も、本当に大丈夫と言えますか?

ご家族同士、子どもさん達がこれまで仲良くまとまってこられたのは、あなたがいたからこそではありませんか?

相続対策=相続税対策ではありません

遺言書があれば、原則、相続人は遺産分割協議が必要ありませんし、遺言者の想いを伝え、争いを未然に防ぐ効果もあります。

遺言書をお作りになってみませんか。
 

遺言書を作る手順が分からない方、より良い遺言の方法を知りたい方など、ご相談のみでしたら無料です。

まずは、面談による無料相談会・勉強会をご利用なさってみませんか?
→ 相続遺言等の無料相談・勉強会の開催日程(平成29年度)

お問い合わせはこちら

かごしま相続相談・支援センター
センター長・行政書士 高﨑正司
〒890-0034 鹿児島県鹿児島市田上5丁目15-2
TEL:099-251-1866
MAIL:info@kazokuanshin.com
営業時間 E-mail問い合わせは24時間 TELは10時~18時 日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab